スペースペン-「一方ロシアは鉛筆を使った」で有名な超高性能ボールペン(Fisher Space Pen Bullet Chrome)

Fisher スペースペン ブレット EF400

「アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。これではボールペンを持って行っても役に立たない。

NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。

その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!」

「一方ロシアは鉛筆を使った」

これは、アメリカの技術力とロシアのシンプルな解決法を対比した有名なジョークです。

このジョークに出てくる宇宙でも使える超高性能なペン、実は実際に存在しています。

それが米フィッシャー社の開発した「スペース・ペン」です。

ただし実際は当初はNASAも鉛筆を使用しており、その後フィッシャー社が当時のレートで3億円以上かけてスペースペンを開発。アポロ計画からNASAに採用されて、今ではロシアもスペースペンを採用しているとのこと。

この辺りのことは、NASAの公式ページ(Fisher Space Pen)に記載されていますので、ちょっと訳してみましょう。

最初のNASAのミッションでは、宇宙飛行士は鉛筆を使っていました。

例えばジェミニ計画では、1965年にヒューストンのTycam社にシャープペンシルを発注しています。

その固定価格契約は34個の合計で4382.5ドル、1つあたり128ドルでした。(当時の為替レートは1ドル=360円なので日本円にして1本約46000円)

これには多くの人が軽率な出費として、当時大きな議論を呼び起こしました。

NASAはすぐにこれを撤回し、宇宙飛行士の装備品はできるだけ高価な製品を少なくすることとしました。

このころフィッシャーペン社のポールCフィッシャーは、宇宙空間の特殊な環境下でより効果的に使えるボールペンを設計しました。

彼の新しいペンは無重力環境、水やその他液体の中や、華氏-50度から+400度(約摂氏-46度から+204度)の極限的な温度下で機能する、加圧されたインクカートリッジを備えていました。

フィッシャーはこのスペースペンを、NASAからの資金提供なしに開発しました。

フィッシャー社の報告によると、およそ100万ドル(約1億円)の自己資金を投じてスペースペンを開発し、その結果この製品の特許を取得し、市場を独占しました。

1965年、フィッシャー社はスペースペンをNASAに提案しましたが、例の論争より早かったために受理されませんでした。

その後の1967年、厳密なテストの後にNASAのマネージャーは、スペースペンをアポロ計画の宇宙飛行士に身につけさせることに決めました。

メディアのリポートによると、NASAはアポロ計画のために1つあたり6ドル(※当時のレートで2160円)で約400個のスペースペンを購入したとされています。

1969年の2月には、ソビエト連邦もソユーズ宇宙船で使用するために100個のフィッシャーペンとインクカートリッジを購入しています。

それまでは、ソ連の宇宙飛行士はグリースペンシル(※色鉛筆)を使っていました。

いまでもアメリカと旧ソ連/ロシアの両宇宙飛行士は、スペースペンを使い続けています。

フィッシャーは彼のスペースペンを月へ行った筆記具として、スピンアウトさせたフィッシャースペースペン社から市場に提供し続けています。

さてそのスペースペン、無重力の宇宙はもちろん地球上のあらゆる環境でかける高性能。

そして宇宙飛行士が使うボールペンというロマンから、今でも人気商品です。

ちなみに筆者は、「マツコの知らない世界」で筆記具マニアの方が紹介していて知りました。

価格は2000円以上とボールペンの中では高級ですが、リフィルの中に窒素が充填されていて加圧されているので、無重力や水の中でも書け、筆圧を加えることなく書ける他にはない滑らかな書き味を実現しています。

アポロ計画のために開発されたというロマン溢れる経緯から今も愛される高性能ボールペン、海外の皆さんの反応を訳してみました。

ではどうぞ♪

完璧なボールペン? ほぼそうだと言えます

By pvp.report

かなり昔ですが、クラシックなスペースペンを、古い映画の中で観たことがありました。

実物は、スクリーン上で見たほどは大きくなかったですね。

わたしはそれほど冒険心があるわけでも、宇宙に行けるわけでもありませんが、地球上もしくは地中、そして地球外でも、それなりに書ける素材であれば、基本的にどこでもメモができるのは快適ですよ。

月からあなたへ・・・

By Michael F.

フィッシャーのスペースブレットペン(Fisher Space Bullet Pen)は月で製造された・・・わけではなく、月面上や宇宙空間で使えるように作られました。

もしスタートレックのテレビ番組や映画をつぶさに見たら、ユニフォームの右袖の上側のポケットに、このフィッシャースペースブレットペンのクローム版を見つけることができるでしょう。

これがわたしがスペースペンを欲しかった理由なんですが、ある日これが図書館の床の上に落ちているのを見つけました。

1年後、その黒のフィッシャースペースブレットペンをなくしてしまったので、クローム版を購入しました。

このペンは宇宙空間でも地球上でも、重力を感じるかどうかに関わらず使うことができてしまいます。

上向きでも、下向きでも、横向きにだって使えるんです。

購入して後悔はしないでしょう

By pip pipkins

1996年から、ずっと財布にスペースペンを入れて持ち歩いています。

どのくらいこれをオススメしたいのか、わたしには充分に表現できないほどです!

実際、水中でもガラスの上でも、どんな方向を向けても書けちゃいます。

「伝統的な」ボールペンを使っていたときには、インクの出や、垂直に紙に書くのが制限されるといったことに、いつもがっかりしていました。

このスペースペンは、わたしの人生に必要不可欠なものとなりましたね!

いい感じのポケット用ボールペン

By A photographer

わたしにはすぐに宇宙に飛び立つ予定はないけど、このスペースペンをとても気に入っているよ。

これを2つ購入して、その内のひとつを常にズボンの前ポケットに入れているんだ。

このペンは短く、丈夫で、正確に書くことができる。

便利で手軽なボールペンを持ち歩くのが好きなんだけど、シャツのポケットに何か入れるのは好きじゃないんで、これはわたしにとって理想的なボールペンなんです。

わたしはマットブラックとクロームモデルの両方を持っていますよ。

クロームのは、ちょっと滑りやすいですがまぁ大丈夫。ブラックのはもっとグリップが効いていますね。

両方ともいい感じに書けるのですが、オリジナルスペースペン用リフィルF(細字0.75mm)に両方とも入れ替えました。

ただの好みですが・・・中字(1.0mm)だと普通に思えたので。

素晴らしいペンで、ナイスな大きさだがクリップはベストではない

By Christopher J. Norris

わたしの財布にフィットする最高のボールペンを探していて、フィッシャーのブレットスペースペンに行き着きました。

フィッシャーのブレットスペースペンには多くの良い点があります。

どこにでも書くことができます(ナプキンや肌に、乾かすことなく非常に綺麗に書けます)し、わたしの財布にもフィットし、そして見た目もカッコいいです。

唯一の問題は、クリップです。クリップがペンにしっかりくっついておらず、滑ってしまいます。

かなりタイトで滑ることは稀ですが、数回財布から押し出されてクリップだけそこに残ってしまい、ペンはポケットの中で漂っていました。

それでも、スペースペンはお気に入りなんですけどね。

改善されてるね!

By Ruthann Zaroff

このFisher Bullet Space Penには、クリップに満足できないこととグリップが滑るという2つの不満点が聞かれます。

ただそれらの懸念にもかかわらず、わたしはブラックベリー(※スマートフォン)ケースに入れられる満足したペンがないことに失望していました。

今回、この2つの欠点が改善されたことを報告できて嬉しいです。

これまでクリップを机の端に押し付けていましたが、新しい改善されたクリップ(ペンとは別にバッケージされています)は、ピッタリとペンにフィットするようになりました。

また改善されたグリップは、1.25インチ(約32mm)の範囲の同心円のリングが金属の中に埋め込まれています。

Fisherさん、素晴らしい改善ですね!

期待通りのフィッシャーブレットはリーズナブルな価格

By Max Geisler

これを購入する際、わたしにはある確信がありました。

ほぼ壊れることがなく、ほぼどんな状況下でも書くことができ、ほぼどんな小さなスペースにも詰め込んだり留めることができるペンだということを。

これは忙しくしている人や、ただ耐久性のある魅力的な筆記具を欲している人にとって素晴らしいボールペンです。

購入前にどんなものか、なんで分かっていたかって? なぜかというと、これはわたしの3つ目のフィッシャースペースペンだからさ。

これまでのものは全部無くしたり(貸したが戻ってこなかった)、盗まれたりしてしまったからね。

これまでのフィッシャーのペンは無くなってしまったから、購入せざるを得なかったってわけ。

まさに欲しかったものを手に入れることができた。すぐに、しかもリーズナブルな値段でね。

良いアイテムで、素晴らしい販売者、そしてわたしは幸せな購入者です。

追伸:尖っていないキャップ(片側が平らになっている)の新しいスペースペンは買わないように。書く時、ペン先の逆側にキャップを収めるのに、上手くハマりません。

これまでで最高のボールペン

By bandita

わたしはボールペン運に恵まれていなかったので、ボールペンは嫌いでした。

寒い日を除いて、何故か(多分わたしの手が汗ばむからでしょうか?)書くことができなくなるからです。

ある日高級なボールペンを使う必要があると言われ、その人がボールペンをくれましたが、それでも同じ問題が起きました。

なので、これを手に入れました。そしてこれは、その謳い文句のとおりに機能しています。

もうインクを出すために、殴り書き用の紙の切れ端を探す必要はなくなりました。

加えて、わたしはよくソファーに寝転びながら書くことがあります。

これまでは水平に書くときにはインクが上手く出ないため、バックアップとして常に横にスペアのペンや鉛筆を置かなければならなかったのですが、これを使い出してからはそうしたバックアップは必要なくなりました。

さらにボーナスとして、キャップを被せた状態で小さくコンパクトになるので、旅行用として完璧なんです。

使用時にキャップを上に移せば、通常サイズのペンになります。

高価なペンですが、その価値はあると思いますよ。

お気に入りのボールペンのひとつ

By Eric Gutierrez

これまで所有してきたボールペンの中でも、これはお気に入りのひとつです。

書き心地や、どんな書き方をするか考えなくてもいいのが気に入っています。

また、ポケットに放り込んで持ち運ぶのに丁度いいサイズです。

もし洗濯機に入れてしまっても問題ありません。

わたしはペンを綺麗にしただけで、そのまま書き続けることができました。

いつも壁に紙を押し付けて書いている修理工の友人のために、もうひとつ購入しました。

彼はとても気に入っていて、替えのリフィルまで注文したようです。

ブラックとこのクロームモデルを購入しましたが、両方ともお気に入りです

By KumaBear

わたしはブラックとクロームのモデルを購入しましたが、どちらも気に入っています。

でもクロームのほうがよりエレガントです。

ポケットクリップもまたエッチングされていて魅力的ですよ。

毎日持ち運ぶのに素晴らしいペンです。

重さもなく、とっても小さいです。

お気に入りのモノのひとつで、形も機能も完璧です

By J. Hattabaugh

よく書けて、どんなときでも使いやすいです。

とってもいい感じの仕上げで、キャップを閉めても外しても、そのクオリティを感じます。

インクも高品質で鮮明で、くっきりしています。

ポケットにもフィットし、これまで15年以上使ってきましたがシミが付いたりインクが漏れたりなどもありません。

洗濯という試練から生還してもなお、です。(オススメしませんが、傷もなくちゃんと機能もしました。)

そしてペンを探しまわる必要も、「誰かペンを貸してくれませんか?」と言う必要もなくなりました。

どこでも書けて、クリップは便利

By Fbx_Steve VINE VOICE

このボールペンはまさに広告に謳われるとおりの性能です。

このペンならまさにどこでも、上下逆にしたって書くことができます。

わたしは軍隊に所属していますが、フィッシャーのスペースペンを何年も使っています。

これからどんな状況下で書くかわかりませんが、スペースペンはわたしをがっかりさせたことはありません。

またこれにはクリップが付いているため、妻のために購入しました。

彼女はハンドバッグに入れていますが、クリップはメモ帳にしっかりと固定されています。

とても優れたペン

By An Amazon Reviewer

タクティカルペン(※突き刺すことで護身用となるペン)を探している時にオススメされたので購入しました。

このペンは殆どのタクティカルペンよりも小さく、その目的にはそれほど丈夫で重くはないかもしれません。

しかしながら、これは空港のセキュリティで没収されないギリギリのサイズだと思われるので、必要であればこのペンを機内持ち込みにしてツボ押しとして使うことができるかもしれません。

このペンの小ささは、普段はジーンズのポケットに入れドレスアップするときはスーツのポケットに入れて、簡単にクリップを留めることができます。

また広告にあるように、このペンは上下逆にしても書けます。

わたしはまだ高温や低温の極限下で書いてみたことはありませんが、それらの状況下でも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれることを確信しています。

このペンなら書くのが難しい面や変な角度でも書けるし、クリップも便利です

By Wild’n’Free

これは素晴らしいボールペンです。

かすることなく、どこにでも書くことができます。

クロームの仕上げも綺麗でピカピカです。

クリップはペンを無くさないようにしてくれ、机の上で転がっていかないようにしてくれます。

替えのリフィルはアマゾンで安く買えるので、とても便利です。

長時間快適に書けるペンではありませんが、旅行に持って行け、通常のインク向けの紙やツルツルしたモノ、それ以外の型にはまらないなにかの表面に書けるペンとしては、最高です。

どんな状況下でも書けます

By Dave

このペンであらゆるテストをしましたが、ちゃんと機能をするのを確認しました。

一晩冷凍庫に入れた後でもちゃんと書けました。

しばらく上下逆にしておいた後、上下逆のまま書くこともできました。

グリスを塗った後でさえ、それを通して書くことができたのです。

さらに午後の暑い日差しの下に置いておいて手袋をはめて試してみたところ、期待通りの仕事をしてくれました。

高品質な作りをしており、素晴らしい見た目です。

みんな持っているべきボールペン

By Amazon Customer

とても便利なボールペンです。これまで試した99%の素材の表面に書くことができました。

ひとつ書けなかったのは、とても光沢のある紙のタグです。

何が問題だったのかはわかりませんが、それ以外の全てには綺麗に書くことができました。

このペンが作り出す黒の色と耐久性のある文字が気に入っています。

もしどこかに置き忘れてしまったら、また新しいのを買うでしょうね。

飛行機にも耐える!

By Amazon Customer

わたしは飛行中の客室内の空気圧の変化で、いつもペンが使えなくなっている父へのクリスマスプレゼントとして買いました。

父は最初のスペースペンは無くしてしまい、いつもそのことについて悔やんでいました。

もうシャツやズボンのポケットを破らないでね!

完璧に機能する、素晴らしいペン

By Pen name

これはこれまで所有してきた中で、最高のペンです。

わたしはこの何年かで、このペンを2つ失ってしまいました。

このペンは壊れたりすり減ることはなく、単純にズボンのポケットに入れて持ち運んでいるので落としてしまうのです。

このペンをあらゆる環境で使ってきましたが、失敗することはなかったです。

あなたは華氏115度(摂氏46℃)の屋外で、政府の安物のカーボン紙の書類に書くことができたことがありますか?

じゃあ揺れているボートの上では?

紙の上に汗が滴り落ちてしまったら?

こういった経験があっても、フィッシャーのスペースペンならどこにでもインクを乗せることができます。

また面白いことに、車の中(夏には摂氏60℃以上になる)に置いておいたことがあるのだけれど、破裂したり、インクが漏れたり、乾いてしまったりといったことはなかった。


翻訳元:
Amazon.com: Fisher Space Bullet Space Pen with Clip, Chrome, Gift Boxed (400CL): Office Products
日本のアマゾンの口コミを見る

これは父の日のプレゼントに最適だと思ったので、わたしもアマゾンでスペースペンを購入しました。

以下写真でレポートしたいと思います。

スペースペン外箱

外箱はアポロの月面着陸の絵です。

スペースペン外観

内箱を開けてみました。非常に高級感がありますね。

スペースペンとライター

大きさは予想以上に小さく、百円ライターより少し長いだけ。財布に入れているという口コミがありましたが、種類によっては可能かも。

スペースペンの長さ比較

キャップを反対側に付けると、通常のボールペンと同じ長さになります。

スペースペンかき心地

コピー用紙に書いてみましたが、かき心地はGOOD。

スペースペン横向き

壁に押し付けて書いてみましたが普通に書けます。まあこれは普通のボールペンでもいけそうですが。笑

スペースペン上下反転

天井に押し付けて上下反転させたまま書いていますが問題なし。ただ片手て押し付けながら書いているので書きにくいです。笑

スペースペン水に浸す

水に着けて・・・

スペースペン水中

(ペン先で紙を破いてしまいましたが、)水中でも書ける!!

スペースペン冷蔵庫

冷凍庫で凍らせて・・・

スペースペン冷凍書き

書けました!!

うーん、凄い高性能!!

超高熱や超低温下でも、どんな姿勢でも書けるので、車のダッシュボードに入れておくと役立ちそうです。

さらにこの流線型の美しさにも惹かれます。

このシンプルでエレガントなデザインが評価されて、MoMA(ニューヨーク現代美術館)にも収蔵されているほどです。

わたしは父の日のプレゼント用に購入しましたが、筆記具でこれほどロマンを感じるものに出会ったことがありません。

自分用にも欲しくなってしまいました。

こちらはマットブラック色

こちらはクリップ付きバージョンです。

太字や細字、又黒だけでなく青や赤色のリフィルもあります。

お世話になった方へのプレゼントにも最適です。


コメントを残す

サブコンテンツ

提携翻訳ブログ最新記事


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッと応援お願いします!(・∀・)

このページの先頭へ